”あいさつ”を、甘く見すぎてませんか?

あいさつは、
最も重要なコミュニケーションの1つ。

「そんなこと、幼稚園児でも知っている」
と思われるかもしれませんが

いざ実践しようとして
出来ないことは意外と少なくありません。

 

挨拶した結果、

  • 相手が挨拶してくれなかったら
  • 迷惑じゃないかなぁ
  • そもそも自分のこと覚えててくれるかな

 

そんなことを妄想して
あいさつするのが怖くて、躊躇した経験はありませんか??

 

あいさつにはとても大きな役割が!

それは、人間の承認欲求を満たすということ。

 

私たちの誰もが
自分が安心できる居場所を欲しているわけです。

安心できる居場所を感じたいために
人に認められたい、大切にされたい、労われたい・・・

そう思うわけなんですね。

 

相手の承認欲求を満たすのに
シンプルで、簡単なのが\あいさつ/

 

「おはよう」「お疲れさま」
「調子はどう?」と声をかけたり

「〇〇さん!」と
名前を呼んでから話をするのは

相手の存在を認めているからこそ、出てくるワード。

 

\コミュニケーションが苦手/という前に

目の前の人にしっかり、あいさつを伝えてみませんか?